読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の出来事

株など日常

今までの取引

今年は任天堂ポケモン相場に空売りで入り大打撃を受けたが、含み益の株価はを売れば概ねトントンだろうか。

任天堂損切りをしなければ最大でマイナス50万とかになっていたかもしれない。

反省としては大きな上昇エネルギーには先々の予想(ゲーム性からポケGOは早期に飽きられる、新ハードの不安)や指標は当てにならないということだ、今年一番の相場だったと思う。

 

あとはグリーは空売りし、決算で上がり大統領選挙前に損切りした。

決算前にもソードアートオンラインの人気で多少上方修正があったが、自分の中ではグリーの将来性に希望はなく、ソードアートオンラインの人気など、すでに旬を過ぎており、ガンダムエヴァのような向こう何年も通用するIPでないことから、早期に売上も落ちると思っていた。

微妙な位と思った決算で上にいった。

今は下がっており、持っていればプラスになっている。

しかしあの段階で持ち越すという判断は誤りだったろう。

ソードアートオンラインの人気は予想通り急下降した来年以降も売りの対象である。

 

あとは物語コーポレーションクックパッド

下がるたびに買い増したが、遅れたが損切りした。

結局、最初の買いの段階での想定通りに株価が動かない時点で誤った投資であり、以降の買い増しはキズを広げるだけだった。

 

まだ今年は残ってるけど来年はもっと上手くやりたいな。